atelier MACOYA
 


atelier MACOYA
 

 MACOYA yoga Style 

 ヨガをひも解く

「ヨガって良さそうだけど…、

つまり、何がどう良いんだろう?」

そう感じる方は多いと思いますので、私なりにお答えしてみます。


ヨガの世界は分かりづらい!と言われてしまうのは、目に見えないことを扱う表現も多いため、どうしても抽象的になってしまうからでしょうね。


ですが、私たちは意外と目に見えないことだらけの中で生きています。


例えば、「氣が合う」なんて言いますが、好き嫌いの感情は誰もが持ちながら、目で見たことはありません。「勘が当たる」もそう。ピンとくる感覚は誰もが経験しながら、説明はしづらいものです。


「愛」もそうですね。見ることも嗅ぐことも触れることもできませんが、ないと生きていけるでしょうか?宇宙の遥か彼方では、目には見えなくとも幾千の星々が存在しています。


つまり、そもそも私たち人間が確認できること、説明がつくことのほうが少ないということ、でも実は感覚ではすでに知っている、という視点から、目に見えないことに歩み寄ってみてくださいね。




では、MACOYA流・ヨガの本質を解説♡

ヨガをするとは、

自分を受け入れ愛することです。



(実はダイエットのためのエクササイズ…ではないのです。過程としてその効果は存分にあります♡)



体は"今この瞬間"にしか存在できません。

でも、心は過去・未来・空想に動きがち…。



心がいつも体と離れていては、いつかの後悔やまだ見ぬ不安に振り回され続け、肝心な"今"をこぼし続けてしまいます。



ですが残念ながら、私たちは余程意識しない限り、その状態に引っ張られてしまうようです。


それを回避するため、

五感からの感覚を使い、

"今この瞬間"に戻します。



なぜなら、感じることはその瞬間にしか出来ないから。感覚を味わっている時、心はそこに在ります。





心をきちんと、今に使う。

今ここで静観している、

「真のわたし」にコンタクトする。





五感を研ぎ澄ませ自らの生命エネルギー(肉体)と、潜在エネルギー(精神)を調和してゆくひととき。魂の気配まで通じていく、内観の作業です。



どれだけ完璧な前屈ができたか、

…ではありません。

 心と体が、

どれだけ、力を放せたか。

どれだけ、楽になれたか。

どれだけ、自由になれたか。

どれだけ、自分に戻れたか。



自分に空白という栄養をあげるのですね。そうすると、マットを離れた日常生活で、「自分は何を望んでいるか」をキャッチできるようになるわけです。



慣れないうちは、これをいちいち明らかにするのは、しんどいことです。そのうち、「本当の望み」にも体当たりすることでしょう…。



ですが、それこそが生きる本質

自分を受け入れ愛する旅…という人生そのものを、上手くサポートしてくれるのがヨガではないかなと思います。



多くの人が外側に探し求める答えは、

ずっと自身の中に在ります。

ですから、気づき、思い出すだけ。



自分の内側をとことん知れたなら、

今日という一瞬一瞬の奇跡を、

ようやく実感できることでしょう。



「真のわたし」への最高のギフトは、

大切に、丁寧に、今を感じ、味わい、

望み通りに生きるという経験。




「汝自身を知れ」

それがアトリエ MACOYAのヨガ、

私のスタイルです。


X